放課後等デイサービスとは?

 

「放課後等デイサービス」は、療育が必要と認められるお子さまの学齢期における支援充実のため創設された制度で、

「発達に凹凸のあるため子どものための学童保育」です。

放課後や長期休暇中の療育の場(日常生活動作の指導、集団生活への適応訓練等)であるとともに、

ご家族に代わり一時的にケアを代替する支援サービスの役割を担っており、原則として就学児童が対象となっています。

 

 

利用までの流れ

 

児童発達支援事業所、放課後等デイサービスを利用したことがある方

受給者証発行済み→説明会・無料体験のご相談→ご利用説明会→無料体験授業→利用開始

 

児童発達支援事業所、放課後等デイサービスを利用したことがない

受給者証が無い方

受給者証が無い方→ご相談→ご利用説明会→無料体験授業→受給者証発行手続き→仮利用開始→受給者証発行→利用開始

 

受給者証を発行済みの方

受給者証発行済み→説明会・無料体験のご相談→ご利用説明会→無料体験授業→利用開始

 

お子様の発達にご不安のある方

受給者証がない→ご相談→ご不安な方は専門医へ診断実施→ご利用説明会→無料体験授業→受給者証発行手続き→仮利用開始→受給者証発行→利用開始

 

 

 

料金

 

料金は1回あたりにかかりますが、受給者証があると1割負担です。(9割は自治体が負担します)

また、世帯収入により負担額に上限金額が異なります。上限金額については下記をご確認ください。

 

区分    世帯の収入状況    負担上限金額

生活保護  生活保護受給世帯   0円

低所得   市町村民税非課税世帯 0円

一般1   市町村民税課税世帯  4,600円

一般2   上記以外       37,200円