子どもの頃から療育をする意味。

昨日はTEACHプログラム研究会 今年最後の研修でした。

月1回の構造化の講義や事例検討グループワークなどの勉強。

 

私にとってはどの講義もとても勉強になります。

 

自閉症スペクトラム症の特性として、「気持ちの表出がしにくい」「要求が伝えにくい」

「場面の切り替えがしにくい」「見通しが立てられない」というのがあります。

 

逆に言うと、これを一つ一つクリアにすることで、ご本人の困難さはほとんど解消されるのでは?と思うほどです。

 

またまた、自分の小さい頃の話ですが、上のような特性がばっちり当てはまっています。

勉強すればするほど、小さい頃の私に「よ~がんばったなぁ~」言ってやりたくなります。

 

想像してみてください。

 

・自分の思っていることを言っているのに相手に伝わらない。

・してほしいことが相手に言えない。(だまってしまう)

・ぎりぎりまで要求できないので、要求するときは怒っているか泣いているか。

・いつまでもそのことにこだわってしまう。

・次に何をしていいかわからない。

・いつも不安感がある。

 

 

こんな中、体験したことでしか身に着けられない為、とにかくわからないなりにやってみたら、

「そうじゃない!」「どうしてそんなことするんだ!!」と怒られる。

 

では、言われた通りにしたら、(応用が利かないので)場面に応じたことができず、また怒られる。

 

・・ほんま、ようがんばったなぁ~~~;;

と思います。

 

もし、子どもの頃に

・そうか、そういう風に思ったんだね。(感情の表出を言語化する)

・あなたのしたいことはこれだね。(要求が正しく伝わる体験)

・気持ちを切り替えられたね。(気持ちを切り替えた時の成功体験)

・あなたの行くところはこっちだよ。これをしたら終わりだよ。(見通しをつける)

 

と支援する人がいたら。

自分という人間を認められずどうやったら人に認められるか、と必死に戦わなくても良かったのかなぁと思います。

 

今、私は子供を支援する立場であるようで、本当に多くのことを教えられていますし、子どもたちには私の持っているものを少しでも還元できたらいいなぁと思っています^^

 

あともう一つ。

 

私は、自分が自分として生まれたことは、確かにしんどいこともたくさんあったけど、

不幸ではなかったな。と思っています。

 

自分にしか体験できない困難や苦労は

今、こうして子どもたちに関われる道につながっていたんだと思うと

 

本当に幸せだなぁって思います。

 

今、お子さんの育児のことで、もし悩んでいらっしゃるお母さんがいたら。

 

大丈夫。お子さんはとってもとっても、幸せです。

 

とお伝えしたいです^^

 

・・しんどいところは、みんなでシェアしましょv